2017年3月9日
登山中のおしゃべりには気をつけようin高水三山

早朝登山部第二弾。
高水三山へ行ってきました。
今回も朝の4時に集合です。

低血圧って何かね?な私とボスは朝4時から通常運行。
テンション高めでスタートです。
この日はとても気温が低く空が澄んでいて星が美しかったです。

そんな我々、おしゃべりに夢中で高水三山へ向かう道を見過ごし
ぐんぐん前へ進んでおりました。

ボス「あれ..登山道へ行く道、なんか違う..」
私 「...?!」
ボス「引き返すのだ!」
私 「御意!」

結構進んでおりました。
危ない、危ない。

そんなこんなで正しい登山道へ入った頃にはすでに日が昇り始め
朝日に染まる景色を愛でつつ更にテンション高めで進みます。


本日のイェイ。
朝日に染まり水分補給。


高水三山は「高水山」「岩茸石山」「惣岳山」と低山が連なっており
日帰りで手軽に縦走を味わえると人気の山たちです。

我々が歩いていると出社の出で立ちで登っている方がいらっしゃいました。
そんな手軽?!と心で思いつつ
あの人は猛者だ、と言うことにしました。
しかし我々もこの後お仕事。
ちょい猛者、くらいにはなれたかな。


さてさて
そんな高水三山ですが
特に岩茸石山の山頂は見晴らしも良くボスはここでコーヒー!
私はコーヒー飲めないからカフェオーレー!
ストーブについてボスより学びを受けつつ着火。
もちろんマウンガオリジナルのシェラカップでいただきます。


注いで速攻こぼしました。
いるいるそういう人〜。




今回の登山は最近購入したfinetrackさんのアンダーウエアとベースレイヤーを着用。
個人の感想としてアンダーウエア、すごくいいです。
男性は直接ベースレイヤーを着用が可能ですが女性はそうもいきません。
「わたし女優、汗かかないの」的な、なんとも羨ましい方以外にはオススメ。
汗冷えは山に集中できません、怪我や低体温になる危険性も出てきます。
低山とて侮るなかれ。

山に登るといろんなことを考えます。
いろんなことを考えて感じながら登ります。
そこから私は私の登山を見つけたいと思います。

さて次はどこの山へ行こうー!


■登山日:2017年3月9日(木)
■コースタイム:軍畑大橋(4時18分)→おしゃべり(すみません..)→高水山登山道(5時51分)→高水山山頂(6時47分)→岩茸石山(7時26分)→惣岳山(8時26分)→慈恩寺脇→ゴール(9時41分..おや?とお気付きの方はマウンガ通〜)/ 行動時間:約5時間30分(おしゃべり迷子と休憩含む)







www.maunga.jp

 
<<< NEXT Gear To Forest Cheers with patagonia's beer! BEFORE >>>

登山、キャンプ、アウトドア用品 高価買取中

ずっと自然で遊ぼう!登山道具自然還元プログラム

新規会員登録100Pプレゼント!新規会員登録はコチラ

レンタルギア

BBQギアレンタル

Category カテゴリーで探す

  • 全ての商品
  • メンズウェア
  • ウィメンズウェア
  • キッズウェア・シューズ
  • ウェアアクセサリー
  • バックパック・その他バック
  • シューズ・ブーツ
  • ストーブ・ランタン・ランプ
  • クッカー
  • リーピングバッグ・マットレス
  • テント・ツェルト・ターフ
  • ヘッドライト・ハンドライト
  • マルチツール・ナイフ
  • ピッケル・アイゼン・スノー
  • ハーネス
  • ヘルメット
  • カラピナ・カム
  • ボトル・ハイドレーション
  • トレッキングポール
  • クラッシュパッド
  • クーラーボックス
  • テーブル・チェア
  • キャンプアクセサリー
  • 時計
  • ビーコン・GPSナビ
  • 書籍
  • ゲーム
  • クライミング ホールド専門店 ホールド屋
  • マウンガブログ
  • FacebookTwitterInstagram
Top