2020年8月19日
御岳ボルダー/遊歩道岩のホールド欠損について

▼御岳クライマーズコミュニティfacebookより添付
※元の情報は御岳クライマーズコミュニティfacebookをご確認ください。

先日、クライマーの方からJFAさんに対し「遊歩道岩のホールドに変化を見つけた」との連絡がありました。

それを受け私共コミュニティメンバー、JFAスタッフさんと草野俊達氏と共に遊歩道岩の状態を確認するべく、御岳ボルダーへと行って参りました。
結論としては、連絡のあった内容通り、四ヶ所のホールドの欠損が見受けられ、トラバース課題への影響有りと判断しました。
この欠損が人為的か自然発生かどうかは、全てが推測の域になってしまうので何とも言えないですが、課題に干渉する主要なホールドが四ヶ所同時に欠損しているのは違和感があり、とても残念な光景でした。
岩の周囲に落ちている破損箇所のかけらを集めて検証してみたところ、チョークが付いているのが見て取れ、欠損の為、グレードにも変化があり、難易度は下がっているようです。
今回の件に関しては、自然に欠けてしまったのか、それとも人の手によって故意に破損させられたのかなど、はっきりとした原因追求や理由を特定する事はありません。
ただ確実に、課題として変化があった事を報告致します。
そして、最後に草野俊達氏からいただいたメッセージを添えさせていただきます。

「岩はクライマーの宝物」草野俊達
かっこいい形だったり、絶妙にホールドが並んでいたり、いいボルダーに出会った時はうれしい。自然の岩としてそこに在ったのに、クライマーのためにあるような面白い岩に不思議を感じ、感動する。
しかし気に入ったボルダーでも難しくて登れないこともあるし、たくさん練習して登れることもある。誰も登れない岩もある。また人によって好みのボルダーは違ったりする。岩はいろいろだ。
野外の自然の岩でのボルダリングのいいところは、ほんとうに楽しいことに加えて、クライマーが訪れる以前から将来まで、形の変わらない恒久的なものとして、クライマーみんなでムーブや難しさなど、その岩の価値を共有できることだろう。
こんな楽しい岩、ボルダーを私たちクライマーは、自分の持ち物ではないのに登って楽しませてもらっているので、それを認めてくれている社会、地域に感謝しながら、この岩をクライマー共通の宝物として大切にし、壊さないように登っていきましょう。

August 2020 Mitake Boulder
A report on broken holds on Yuhodo Boulder
A few days ago, Japan Free Climbing Association (JFA) received a report that some holds on Yuhodo Boulder in Mitake were broken.
Following that, JFA members, Toshimichi Kusano, and we went to Mitake to check how it looks like.
To get straight to the point, as the report says, we found four parts of the boulder (all hand or foot holds) are broken, which affects the traverse route.
Though we can't identify if these are natural deformation or manufactured, it seems very strange that four main holds on the route missed at the same time, and the sight of which has actually given us a miserable impression.
There are chokes on broken fragments scattered around the boulder and the traverse route appeared to become easier because of damaged holds.
This time we are not going to inspect the details of the cause or identify the cause. So here we just report the route has surely changed.
And here is a message from Mr.Kusano.
thank you.

「A rock is a Treasure for climbers 」Toshimichi Kusano
I'm happy when I come across a nice boulder which has a cool shape or miraculously placed holds. It's mysterious that there is an interesting boulder which is as if meant be climbed even though it is just as it is, and, at the same time, that makes me impressed.
But a cool boulder is sometimes too hard to climb, and sometimes climbable after insatiable efforts. Some boulders are impossible to climb for anyone. Tastes of boulder can be different with each person. Rocks are various.
The good thing about bouldering outdoors on a natural rock is, as well as a lot of fun, that we can share its moves and difficulties as it's a permanent existence which hasn't been changed since before climbed and will never change in the future.
We climbers enjoy climbing on such an interesting rock and boulder even though it's not our property, so let's appreciate the society and community which permits that and cherish the rock as our common treasure not to lose it.


御岳ボルダー
前情報通り、四ヶ所のホールド欠損がありました。?

御岳ボルダー
剥がれ落ちたフットホールドの前で検証中。

御岳ボルダー
その1。男性の足より大きいです。

御岳ボルダー
その2。

御岳ボルダー
その3。

御岳ボルダー
その4。

御岳ボルダー
チョークが付いたカケラを発見。

御岳ボルダー
パーツがはまります。

www.maunga.jp

 
<<< NEXT 【高尾山】草戸山~大垂水峠~高尾ナイトラン    クドレ沢、沢登り! BEFORE >>>
 

登山、キャンプ、アウトドア用品 高価買取中

友だち追加

登山、キャンプ、アウトドア用品 修理 メンテナンス

ずっと自然で遊ぼう!登山道具自然還元プログラム

新規会員登録100Pプレゼント!新規会員登録はコチラ

レンタルギア

BBQギアレンタル

Category カテゴリーで探す

  • 全ての商品
  • メンズウェア
  • ウィメンズウェア
  • キッズウェア・シューズ
  • ウェアアクセサリー
  • バックパック・その他バック
  • シューズ・ブーツ
  • ストーブ・ランタン・ランプ
  • クッカー
  • リーピングバッグ・マットレス
  • テント・ツェルト・ターフ
  • ヘッドライト・ハンドライト
  • マルチツール・ナイフ
  • ピッケル・アイゼン・スノー
  • ハーネス
  • ヘルメット
  • カラピナ・カム
  • ボトル・ハイドレーション
  • トレッキングポール
  • クラッシュパッド
  • クーラーボックス
  • テーブル・チェア
  • キャンプアクセサリー
  • 時計
  • ビーコン・GPSナビ
  • 書籍
  • ゲーム
  • マウンガブログ
  • FacebookTwitterInstagram

Calendar

2020年10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
赤で表示されている日は、休業日となります。 お電話、メール、商品の発送も休業となります。 あらかじめご了承くださいませ。
Top