甘利山・千頭星山へ


6月29日

今回は、南アルプスの前衛、甘利山・千頭星山。

中央道・韮崎インターを下り、

釜無川にかかる武田橋を越え、甘利山公園線を通り甘利山へ。

この甘利山公園線ですが、現在一部工事中のため、
迂回ルートにて駐車場に向かいます。

詳しい工事区間は下記URLをご参考に!
https://www.nirasaki-kankou.jp/kinkyu/4451.html



長い林道を抜け駐車場に到着!

甘利山登山口駐車場に車を停め、甘利山へ
駐車場から15分程度で山頂に到着します。

レンゲツツジのシーズンは、赤い花々が咲き乱れるようです。

当日は晴れ予報でしたが、生憎の曇り空

甘利山を越え、千頭星山(せんとうほ?しやま)へ
変わった名前の山です。

千頭(せんず)は、シカやイノシシなどが多い狩猟地を意味し、
星は境界の目印といった意味だそうです。

深い霧の中を歩き、

獣が動く、笹の音に少し気を張りながら進みます。

晴れた日ももちろん良いですが、霧や雨の中の登山も良いものです。

梅雨ならではの景色を楽しめたなと思います。

千頭星山・山頂は木々に囲まれているので眺望はありません。

 

ピーク以外も楽しめるそんな山行でした!

 

 

 

www.maunga.jp
   
<<< NEXT 新版の奥多摩登山詳細図(西編)発売!    アウトドアギアオークション開催! BEFORE >>>

登山、キャンプ、アウトドア用品 高価買取中

友だち追加

登山、キャンプ、アウトドア用品 修理 メンテナンス

ずっと自然で遊ぼう!登山道具自然還元プログラム

新規会員登録100Pプレゼント!新規会員登録はコチラ

レンタルギア

BBQギアレンタル

Category カテゴリーで探す

  • 全ての商品
  • メンズウェア
  • ウィメンズウェア
  • キッズウェア・シューズ
  • ウェアアクセサリー
  • バックパック・その他バック
  • シューズ・ブーツ
  • ストーブ・ランタン・ランプ
  • クッカー
  • リーピングバッグ・マットレス
  • テント・ツェルト・ターフ
  • ヘッドライト・ハンドライト
  • マルチツール・ナイフ
  • ピッケル・アイゼン・スノー
  • ハーネス
  • ヘルメット
  • カラピナ・カム
  • ボトル・ハイドレーション
  • トレッキングポール
  • クラッシュパッド
  • クーラーボックス
  • テーブル・チェア
  • キャンプアクセサリー
  • 時計
  • ビーコン・GPSナビ
  • 書籍
  • ゲーム
  • マウンガブログ
  • FacebookTwitterInstagram

Calendar

2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2020年9月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
赤で表示されている日は、休業日となります。 お電話、メール、商品の発送も休業となります。 あらかじめご了承くださいませ。
Top