2021年6月5日
修理をするということ

修理

修理

修理

ウエストコムのハードシェルジャケットの修理をお引き受けしました。
ファスナーや生地の圧着部が経年劣化で、剥がれてきてしまいましたので、
ミシンにて縫い付け修理をさせていただきました。
復活!
これでまたご愛用いただけます。

最近は様々なリペアグッズが販売されています。
ザックのバックル破損、テントのファスナー破損(スライダー部)、
テントのシームテープ剥がれ程度なら、
メーカーやリペアショップに修理に出さなくとも、
ご自身で修理が可能な場合もあります。


修理

修理
(写真がブレブレですいません。。。)

こちら知人愛用のチョークバッグです。
チョークバッグのポケットのファスナーが破損したので修理できませんか?との依頼でしたが、
生地がやや傷んできていることや、修理費用も高くついてしまうことから、
ご自身でスナップボタンを付けてみては?と提案させていただきました。
なかなかの出来栄えだと思います。

ご自身で修理をすると、
交換するパーツ代程度なので、費用がお安く修理ができますし、
なにより道具に対してより愛着が深まります。
ですので、マウンガでは、
ご自身で修理が可能な破損でしたら、
ご自分で修理してみてはどうですか?と提案をしています。

ご自身では難しい縫製修理は、
もちろんマウンガでお引き受け致しますので、
どうぞお気軽にご利用ください。

登山スタイルの変化や、
子ども達が大きくなってキャンプへ行かなくなってしまった、など
使わなくなってしまったアウトドアギア、ウエアの買取も毎日張り切って行っています。
買取をさせていただいたアウトドアギアは、
次のご愛用者さまへお渡しさせていただきます。

1個の製品を製造するためには、
多くの貴重な資源を使って製造しなくてはいけません。
1個のウエアやギアを長く愛用することで、
環境負荷を大きく低減させることができます。
修理をして長く使用すること、
使わなくなってしまったら次のご使用者さんへお渡しすること、
新品を購入前に、先ずはリユース品を探してみること、
こんなサイクルが、今よりも広く浸透することを目指します。

とても分かりやすく紹介してありますー。
▼SUSTAINABLE FASHION
https://www.env.go.jp/policy/sustainable_fashion/
出典:環境省ホームページ

www.maunga.jp
<<< NEXT 【沢登り】小坂志川キットウ沢左俣

Gear To Forest 2021 BEFORE >>>

登山、キャンプ、アウトドア用品 高価買取中

友だち追加

登山、キャンプ、アウトドア用品 修理 メンテナンス

ずっと自然で遊ぼう!登山道具自然還元プログラム

新規会員登録100Pプレゼント!新規会員登録はコチラ

レンタルギア

BBQギアレンタル

Category カテゴリーで探す

  • 全ての商品
  • メンズウェア
  • ウィメンズウェア
  • キッズウェア・シューズ
  • ウェアアクセサリー
  • バックパック・その他バック
  • シューズ・ブーツ
  • ストーブ・ランタン・ランプ
  • クッカー
  • リーピングバッグ・マットレス
  • テント・ツェルト・ターフ
  • ヘッドライト・ハンドライト
  • マルチツール・ナイフ
  • ピッケル・アイゼン・スノー
  • ハーネス
  • ヘルメット
  • カラピナ・カム
  • ボトル・ハイドレーション
  • トレッキングポール
  • クラッシュパッド
  • クーラーボックス
  • テーブル・チェア
  • キャンプアクセサリー
  • 時計
  • ビーコン・GPSナビ
  • 書籍
  • ゲーム
  • マウンガブログ
  • FacebookTwitterInstagram

Calendar

2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
赤で表示されている日は、休業日となります。 お電話、メール、商品の発送も休業となります。 あらかじめご了承くださいませ。
Top